鉄筋コンクリート組立塀

万年塀【日本工業規格 A5409 鉄筋コンクリート組立塀構成材】

万年塀に使用する構成材の柱・板・笠木は工場にて生産を行っているため、現場では施工を迅速に行うことが出来ます。
塀の高さは、最小地上0.9m、最大地上3.9mまで施工できます。
厳密に計算された施工基準に基づいています。
そして何より、熟練度の高い職人が施工を行っておりますので、耐震性に優れた構築物をご提供できます。

→ 【鉄筋コンクリート組立塀(万年塀)】の施工実績はこちら

特 徴
  •  正式名称 『日本工業規格A 5409 鉄筋コンクリート組立塀構成材』
  • おもに「万年塀」や「組立塀」と呼ばれております。
  • JIS製品(JIS A5409)を使用しています。
  • 「柱」「控付柱」「板」「笠木」で構成されています。
  • 柱は、JIS規格品に「止柱」「角柱」「曲柱」などがあり、様々な施工場所に対応出来ます。
  • 柱・板・笠木で構成されている為、整地されていない場所や傾斜地でもその土地に合わせた施工が可能です。
  • 柱・板・笠木で構成されている為、重機の入れない場所での施工も可能です。
  • 施工時間も短く、経済的で丈夫です。
  • 高さもバリエーション豊かに、地上1.5mから地上3mまで、30cm刻みでご用意しています。
  • 防犯、防塵、防風など、様々な目的で現在も広く使われています。
  • 当社の熟練した作業員による施工です。
  • その他様々な加工も承ります。
用 途
  • 一般住宅
  • マンション
  • 工場
  • 駐車場
  • 神社仏閣
  • ゴルフ場外周
  • 資材置場
  • 各種施設外周

様々な場所・用途に対応出来ます。